手作り工房きくぱん

TEL&FAXのご注文承ります。019-618-2393

フェイスブック
きくぱん公式ツイッター



 


カテゴリー


ショップメルマガ
ショップブログ「きくぱん日記」
 
いわて食財倶楽部
FOOD ACTION NIPPON フードアクションニッポン
 
HOME»  記事一覧
HOME»  記事一覧»  店長日記»  生地が丸まらず、新人は取り残される。

生地が丸まらず、新人は取り残される。

生地が丸まらず、新人は取り残される。

こんにちは、新人スタッフです。

今日の紫波町はどんより雲空で雨が降っております。

涼しいのでよしとします。

 

いよいよ、ベーグル作りのお手伝いをすることになりました。

最初にきくさんから手渡されたものは、

 

「食品衛生の基本 たいせつな手洗い」

でした。

まずは、これを読むことから始まります。

食中毒に対する知識や手の洗い方、手を洗うタイミング、食中毒菌について、などです。

食品を扱うのですから基本なのでしょうが、未経験者にとっては勉強になります。

これを読んだあと、私が思ったのは、

ベーグル作りの工程などを写真に撮る場合、カメラに触るわけだから、

カメラに触ったあと、ベーグルのお手伝いをするには、

一度手洗いして消毒をしなくてはならない、ということか・・・、

一度、流れを知って、タイミングをチェックしておかなくては。

ということで、今のところ、工房の写真はあまり撮れていません。

使い捨て手袋も時間がたつと中で細菌が増えていくそうです。

へぇー、と思いながら、「たいせつな手洗い」を読み終わります。

 

こちらは、きくぱん工房で生地を成形しているところ。

ベーグルではなく、ピタという商品です。

 

※ピタとは・・・

 地中海沿岸、中東、北アフリカで広く見られる食文化で、生地の中がポケットのようになっていて、

 その中に野菜や肉を入れて食べるものです。

 紫波の産直にある紫波マルシェでピタサンド発売中です。

 

一次発行後、重さを量りながら切り分けて、丸めます。

この丸める作業はパン屋さんでよく見かける光景で、

私も初めて挑戦してみたのですが、まったくうまくいきません。

みなさん、簡単そうにやっていますが、まったくうまくいきません。

どういうことだろう・・・・・・。

 

丸めて生地をきれいに張らせる工程らしいのですが、まったく生地が張りません。

みなさんは両手を使って次々と丸めていきます。

みなさんがその工程が終了しているのに、

私ひとりだけ、いまだに丸めようとしています。

生地が張らず、逆にぼろぼろになります。

学校の給食でなかなか食べ終わらず、昼休みになっても、教室でただひとり食べているような

取り残された気分になります。

スタッフたちはてきぱきと次の工程をしたりしています。

もしかしたら、あわれみの目で見られているのかもしれません。

この子はまだやっているよ・・・みたいな感じで・・・。

もちろん、みさなんアドバイスはしてくれるのですが、これがなかなか。

ただ、黙々と右手を使ってやっているのですが、最終的には、きくさんにお願いしていたりします。

マスターするには、先が長そうです。

 

2012-08-06 15:18:52

店長日記